アコム審査

むじんくんのメリットデメリットを検証

「アコム」には名前がよく知られた無人契約機「むじんくん」があります。
「アコム」の申込はこの「むじんくん」が全国に設置されてから、飛躍的に伸びたと言われています。

 

現在はネット申込が主流になっていますが、より確実に即日融資を受けるためには「むじんくん」の利用は外せません。便利な「むじんくん」ですがメリットもあればデメリットもあります。

 

むじんくんのメリット

むじんくんのブースに入ると、無人契約機が設置されており、申込はその無人契約機の支持に従って進めるような感じになります。

 

無人と言ってもカメラが設置されていて、画面の入力内容も遠隔から担当者がチェックしていますし、申込書もスキャンでリアルタイムに確認されています。必要に応じて備え付けの電話で質問されるので、目の前に担当者がいるようなものです。

 

むじんくんは店舗で担当者と対面形式で契約する場合とほとんど同じになりますので、融資までの時間はそんなに変わらず、問題がなければ30分前後で契約が完了します。

 

気になるのは「むじんくん」は多くの場合駅前や国道沿いに設置されています。
万が一「契約中に人が入ってきたら・・・」と心配になるかもしれませんが、契約開始と同時に「ドアをロックします」という案内が出て自動的に鍵がかかるので、その心配はありません。

 

むじんくんは無人契約機だけでなくATMも併設されています。
契約ブースでカードを受け取ったら、店舗内にあるATMですぐに出金することが可能です。

 

むじんくんのデメリット

むじんくんで営業時間内に契約できても、土日や祝日、平日の19:00以降はその日のうちに出金できないことがあります。その日のうちに出金したい場合は、実店舗の営業時間である18:00までに申込んでおく必要があります。

 

人と顔を合わさずに契約できるのがむじんくんのメリットですが、オペレーターからの質問の多さにうんざりする人も少なくないようです。

 

むじんくんを利用した人からは、

  • 「質問が多い上に雑談まで・・・」
  • 「無人っていうから使ってみたのに結構質問が多い」
  • 「質問ばかりで1時間近くかかった」

というような口コミがあります。

 

質問は申込者の属性や状態などで違うでしょうが、むじんくんを利用するなら、ある程度時間を取っておくことをおススメします。